紅葉

宇都宮の友人にお世話になりました。
宇都宮城の跡地に行きました。
詳しい情報はないままだけど、空気がよかった。
お堀に囲まれた広い空間、もうお城はないのに、なんだか
不思議な雰囲気があった。



鈴木清順の「ツィゴイネルワイゼン」を観てから5年、
「河内カルメン」は衝撃度は少し下がったけど、奇麗な画だった。
でも、当時気持ち悪いのと美しいのの狭間、のように感じた
「ツィゴイネルワイゼン」への嫌悪感とあこがれをまた受けたくなった。
「夢二」も観たいな。

「河内カルメン」で女性の強さを感じたところ、
「異国の出来事」で、女性の弱さを感じた。
それから、さくっとでてきてる戦後のベルリンの映像。
壮絶だし、心が正常ではいられないだろうと思う現場、
アメリカ人の当時の感覚が垣間見える。今も変わってないのかな。

「イカとクジラ」を観たら、万国共通、男女関係はこんなものか、
と思いつつ、敏感な子どもたちに与える影響が生々しく、
大人の身勝手は子どもには通用しないと感じた。

落ち着いて自分のペース復活してきたので、
もっと感覚を増やしたい⇒最近いっぱい映画を観てみていて、
もの忘れが激しいわたしはいつも映画の名前されも忘れるので、
メモすることにした。



今月は、子どもと触れ合うことがとても多い。
考えさせられることがたくさんあって、
とまどうこともある。
そんな中、さっき寺山修司の「トマトケチャップ皇帝」を観た。
もう、頭も心もかき乱された。またゆっくり整理しよう。



寒いのに緑色してるイチョウに衝撃を受けた先週。
やっと秋だなー、冬だなーって受け入れ始め、
そして周りが赤く黄色く茶色くなっていくことに
心が追いついてきた!


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Canaco.M

Author:Canaco.M
ようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR