貝母

覚えておきたい面白できごと1

お茶席の様子をイメージした絵を描いていたら、
お茶の先生が、お茶のお花を持って来てくれた。
もうそれはそれは感動した。
道ばたが一気に、お茶室の落ち着きを放つ。

でも、きちんとお花の名前を聞いていなかった。
ふと立ち寄ったお母さんに聞かれる。
知らないんです、、と応えるとお母さん、
これはつばきと、なんだったかな、芋よ。芋だからほっといたらどんどん増えるよ。
と、教えていってくれた。

お茶の先生にその後聞くと、つばきと、貝母。
(ばいも)
芋ではない。




素敵な出来事の直後の、衝撃的な出来事だった。






スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR