暗い茶室

利休の想いを説明してくれる本をよんでて、
しっくりきたこと。



2畳のお茶席のにじり扉。
わびさび
武士も武器を全て外し、かがまないと
お茶席に入れない、小さな扉。
身分に関係なく、みな頭を下げて入る。
そういった説明は私も何度も聞いていたけど、
本当のところは。
とにかく、質素でお茶室のお茶の時間を
可能な限り楽しむために、窓からの光による
空間演出が必要だった。
少ない窓からのスポットライトにあぶり出される
お茶の景色や茶人の姿。

いろんな解釈とか説明がもっときっとあるんだろうけど、
ああなるほどー。って。
楽茶碗の重み、お茶の暖かさを、暗い空間の中で
肌で感じる時間。

難しそう、って思ってしまうお茶の
難しい部分は暗いから気にしなくて大丈夫。
なんとも、安らげそうな気がする。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR