高松に帰って来た。


佐賀からの帰路、
あまりに澄んだ空気の中、海に沈んだ土地が見える飛行機の中から、
豊後川、阿蘇山、伊方原子力発電所に母校の校庭、
讃岐平野や四万十川、って探しながら木に覆われた日本を見て。

重力で海が丸っと地球を丸くしてるけど、
水がなくなったらどんな地形なのかな。
船乗りさんは知ってるのかな。
そういう地図もあるんだろうね。

人の小ささたるや。
水や溶岩が流れた跡の平地に巣をつくり浸蝕する。
湾の水が濁ってるけど、
上から見てたら、
指でささっとかき回したらキレイになるんじゃないかって気分。

自分の地球での役割を果たすってことは
自分を理解して愛してあげることに始まると、
人に生まれた故の最低限の義務は、
自分と自然を愛でることではないかと、

人と自然との関わりの中で感じた、福岡と佐賀のぶらり〜




高松に帰って来た。




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Canaco.M

Author:Canaco.M
ようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR